胡蝶蘭が利用されている場面

胡蝶蘭が利用されている場面について紹介します

プライベートの胡蝶蘭

By on 2017年01月18日

プライベートシーンで利用する胡蝶蘭は、一般的な切り花のアレンジメントよりも値段が高く、品格のあるフラワーギフトとして利用されます。ビジネスシーンでは多用されていても、個人間で胡蝶蘭を贈答するケースはまだ少ないと言って良いでしょう。最近では母の日ギフトに利用される機会も増え、喜ばれるギフトにランクインしています。

水やりの手間などが少ないにも関わらず、長持ちする胡蝶蘭は、長くお祝い気分を楽しむにも最適な花だからです。色や種類も豊富になり、フラワーギフトとして注目されるでしょう。誕生日や母の日の他には、友人・知人の新築祝いや転居祝い、結婚祝いにも使用できるので、用途の多い点が評価されています。

以前と比べて胡蝶蘭を個人的な贈答に使いやすくなったのは、手ごろになった価格が理由に挙げられています。品種改良などによって、胡蝶蘭が身近な存在になったと言われています。格式の高いフラワーギフトとしての認知度が高いので、今後も胡蝶蘭はお祝いなどに利用されると考えて構いません。

特に人生の中で重要なお祝いに胡蝶蘭を用いるのは好ましく、贈答された側も喜ぶため、「一度の事だから奮発しよう」と思い切った価格の胡蝶蘭を購入する機会になるでしょう。

ビジネスシーンの胡蝶蘭

By on 2017年01月13日

胡蝶蘭はお祝い事のシーンに利用されることが多い花です。ビジネスシーンで使用するにも適しています。現在では低価格な胡蝶蘭も多くなりましたが、依然として高価なフラワーギフトのイメージが強いことから喜ばれる点でも評価されるでしょう。

ビジネスシーンで胡蝶蘭を使用するのは、取引先企業の新築社屋移転や開業祝いなど組織に対して贈答品を用意する場合だけではありません。取引先の社員個人に対しても、お祝い事があれば、胡蝶蘭を送ることがあります。昇進祝い、栄転祝いの他、個人的なお祝い事にも胡蝶蘭を送るケースが多いでしょう。

参照サイト[お祝いごとに喜ばれる胡蝶蘭を取扱っている通販サイト|ORCHID STYLE
価格や色に合わせて胡蝶蘭を探せます。

オフィスに送るフラワーギフトは、送ってからの扱いが簡単な花が好まれます。花びらが散りやすければ清掃の手間がかかりますし、水やりが小まめに必要な場合は、取引先で行わなくてはいけません。香りが強すぎたり花粉で服が汚れたりする花も好まれません。このようなデメリットがなく、手間を省けるのも胡蝶蘭が喜ばれる理由でしょう。

御祝いのシーンにも重宝され、扱いやすい花であることから、ビジネスでも大いに活用できると言われています。値段や何本立ての胡蝶蘭が良いのかは、先方との関係性にもよるので、周囲と相談しながら決めるのが理想的です。